会社設立の流れ

一般的な会社設立のスケジュールは
下記のようになります。
確認したい内容に応じて
該当ページをご覧ください。

***

1. 会社形態を決めよう

株式会社、合同会社、合資会社、合名会社など4種類の会社のタイプがあります。 メリットやデメリットを検討して選択しましょう。

詳細はこちら

2. 会社の機関を決める

選択した会社の形態に合わせた組織体制(取締役や株主総会)の構築が必要です。

詳細はこちら

3. 資本金、出資比率、設立方法、本店所在地を決める

設立する際の資本金や出資者の出資比率の決定や、登記する会社の所在地の決定等も必要となります。

詳細はこちら

4. 商号調査、及び印鑑証明書の準備

類似商号に気をつけながら会社名を決めましょう。次に会社の代表者印と発起人の印鑑証明書の用意をします。

詳細はこちら

5. 定款を作成する

商号や所在地、事業内容や目的を記載した定款の作成が必要となります

詳細はこちら

6. 定款認証を受ける

作成した定款は公証人の認証が必要になります。

詳細はこちら

7. 出資金を払い込む

定款にて定めた出資金の振込みをします。

詳細はこちら

8. 登記申請用に付属書類を準備する

設立時取締役就任承諾書等の登記申請に必要な複数の書類が必要になります。

詳細はこちら

9. 設立登記の申請をする

設立を行う所在地を管轄している法務局で登記の申請をします。

詳細はこちら

10. 登記簿謄本・印鑑証明書を受取る

印鑑カードを作成しましょう。

詳細はこちら

11. 会社設立完了

設立後には各種の届出が必要となります。

詳細はこちら
印鑑の匠ドットコム ゴム印の匠ドットコム

ページトップ***